燭楽亭(Chocolatier: 手作りチョコレートの製造・販売)。 当店は自宅工房・ショップで、店主は大学教員を定年退職したショコラティエです。 千葉県在住。


by yokota723

夏期休業に入りました

手作りチョコレート工房「燭楽亭」(しょくらくてい、Chocolatier)は、商品が完売しましたので、例年より早く夏期休業に入りました。

チョコレート作りの環境が整う9月中・下旬ごろには、再び10種類ほどの商品をそろえて、皆様のご要望に応えていきたく思います。どうぞよろしくお願いいたします。
c0286885_08325143.jpg

[PR]
# by yokota723 | 2018-07-12 08:33 | チョコレート | Comments(0)

金時山登山

628日(木)は、久しぶりのバスハイクに出かけた。チャーターバス料金が大幅値上げしたのを機に電車や公共バスを利用してハイキングを続けてきたが、今回は20名の参加者を得て小型バスで習志野市を6時に出発、箱根外輪山の金時山(1212m)に向かった。

金時(公時)神社登山口が近づくにつれて雨が激しくなったため、バスの中で雨雲が通りすぎるのを待ち、風も吹いていて木の枝からの水滴も激しいので、合羽を着て予定より45分遅れで出発した。

山頂には、先行者は1145分ごろに到着したが、遅れているグループを濃霧と強風のなか、小屋陰で25分ほど待つことになった。合流して少し休憩し、長尾山・乙女峠コースを一団となって下山することで、私は最後尾を歩くことにした。

全員が無事に乙女口バス停で小型バスに乗り込み、いつものように温泉に向かった。ごてんば市温泉会館には14時から1530分まで滞在。1540分に帰路に就いた。習志野市着は18時過ぎ。今回は写真を一枚も撮ることができなかった。

c0286885_12213913.jpg

・夏至夕べああ玉杯の酒満たす  ・命綱登攀終へれば夏の雲

・実梅もぐ鍔広帽の女かな    ・段畑の青鬼灯に谿の風
[PR]
# by yokota723 | 2018-06-29 12:22 | ハイキング | Comments(0)

庭に咲くネジバナ

庭に桃色のネジバナが3本咲いた。螺旋状に並んで咲いていて、右巻きが2本、左巻きが1本で、ねじれた花序の不思議な形状は見ていて飽きない。

c0286885_19541688.jpg

・雲海を超えててつぺん武甲山   ・標石に揺るる木の葉や夏木立

・ももんがの滑空ショーや青葉闇  ・饅頭の茶の薄皮や更衣

・青春の恋の傷みや夏の雨

・柿の花こぼれ緞通の縞模様    ・鬼ごつこ紅白帽の汗の飛ぶ

・雨上がる矢車草のうつむける   ・飛石の猫を避けゆく薄暑かな

[PR]
# by yokota723 | 2018-06-20 22:28 | 共通 | Comments(0)

静思の神様

神様に近かった子供が、成長とともに次第に神様から遠ざかり、老いつれて再び神様に近づいていくような、そんな静思の昨今・・・。中国の友人からきた手紙のなかに、「志高清遠」という言葉があった。その人は10年に渡る文化大革命で、闘争、批判、迫害、下放などに翻弄され、今やっと絶望の淵から遠ざかり、神様と共生するように穏やかに生きようとしている。

c0286885_11502274.jpg

・湾曲に延びる一線蟻の道   ・花うつぎ川面に揺るる月夜かな

・夏木立時置去りに烟る雨   ・十薬に宿る真白や月明り

・青嵐マロニエ傾ぐ家路かな
[PR]
# by yokota723 | 2018-05-21 11:51 | 共通 | Comments(0)

うるわしの五月

若葉萌え、風薫るこの季節。高校生のころに友人から貰った葉書に、ハインリヒ・ハイネの詞章が書いてあった。この季節になると思い出して、口ずさむことがある。

「うるわしの五月 つぼみはじける頃 わが心には 恋は芽生えぬ

 うるわしの五月 ことりさえずる頃 われ打ち明けぬ 焦がる思い」

これに続けたいのは吉井勇の「ゴンドラの唄」。

「いのちみじかし恋せよおとめ あかきくちびるあせぬまに

 熱き血潮の冷えぬまに あすの月日のないものを   ・・・・・」

教員時代に脱線して、学生たちにそんな話をしたような記憶がある。

c0286885_08233648.jpg

・ふらここを漕ぐや千里の幼き日   ・新宿の路地に屋台や春惜しむ

・春疾風江戸の名残の佃島      ・小女子の佃煮を買ふ船溜まり
[PR]
# by yokota723 | 2018-05-01 08:24 | 共通 | Comments(0)